収納セミナーblog

心理学者・マズローの五段階欲求の視点から見た片づけ

無題

 

日本人の多くが3.親和的欲求(愛情・つながり・共感)が足りないと感じ
4.承認欲求を満たそうとがんばっていると教えてもらったことがあります。

それを聞いた時、「なるほどっ!」と私の中でピンときたのですが
その視点で片づけを考えると
家の片づけの心理の構造どうしてシンプルになるのか(収納なんでも相談)
リンクされているのです。

伝わりにくいかもしれませんが参考までに読んでみて下さい。(←長いです。)

私の感覚ですが、ピラミッドの図はつみきのようなもので
生まれてすぐ簡単に手にはいるようになってしまった日本では
1.安全欲求と2.生理的欲求のありがたさがおざなりに
なってぐらぐらした感じの積み重ね方をしてしまっているのでしょうね。

私が子育てしながら片づけをしてきたことの目的は
子供と自立(精神的・生活的・経済的)した関係性を
20歳までにすることを目標にして
家のしくみ作り(衣・食・住)にフォーカスしてずっと
片づけを
取り組んでいたのでマズローの五段階欲求を聞いた時
ストンと腑に落ちました。
(昔、20歳のときにも研修で聞いたことがあったのにすっかり忘れていました。)

片づけは手段にすぎないのです。
家族それぞれが自立した関係を築くための収納にこだわってきて
あの手この手やってきた結果

もれなく、幸せ感度も高まります(#^.^#)
家族も良い感じになります。

私自身も子供も成長とともに物質的欲求が変化していきました。
物に執着して手放せない原因も見えました。
そして脱出するための戦略も仕事でも家でも数多くこなしてきました。
空間から攻めていっても、気が付けない人と気付く人の
違いはココにあったのかぁと見えました。

そして、親子関係+時代背景、恐るべし(*_*)とつくづく感じました。

団塊世代のツケはでっかいなぁ…。

しょうがないか。そんなものか。

もれなく、片づけに協力的に変化しやすいご主人さんの
親子関係のパターンも聞かなくても部屋を見たらわかるようになってしまいました。

なぁんだぁ~。そっち問題か。
自己責任だな、これは。自分で気がつかないと進化させにくい…。

「良妻賢母」という言葉の撲滅キャンペーンをしたくなるこのごろです(笑)

いっそのこと辞書から消しちゃえばいいのに…。

結果的に順繰りで子供世代にツケがまわるのか…。
上手いことなっているなぁ。

あーーー私自身、今までお客様に過保護にやりすぎていたことに反省です。
手取り足取り族の習慣を脱出させないと意味がないのに…。
いや、やりつくしたからわかったんだ。

あんっ、元旦那も親も子供も今、どんどん気がついて良い感じになっているのに。

う~ん。やはり心の状態が部屋にあらわれているのはそのせいか…。
後回しにすればするほどツケがでかくなって麻痺してしまうのも
うなずけます(--〆)

変に高学歴の50代のニート問題もうなずけます(--〆)

ツケでっかいなぁ…。

あっ、あと夫源病(婦源病)問題も片づけから落とし込んでおいたらいいのに…
まっ、気がつかない人は放っておきましょう(笑)

意味がわかったので対策を練ります!!

 

セミナーの依頼も何度となく依頼を頂いているのですが
申し訳ございません。まだお待ち下さい。

20年(仕事では8年)の戦略の数々を只今、シークレットで実験中です。

↓↓↓ 意識して向き合っていけば絶対、脱出できるよ♪
あせらず、どんと構えてコツコツとです。

◆ 関連記事 ◆

片づけられるように進化してシンプルライフを手に入れてきた人の価値観のまとめ

◆◆収納サービスの詳細はこちら

─────────────────────◆◆◆  ナオミスタイル舎

大阪・神戸で収納からシンプルにきちんと暮らす力を身につける提案
家の空間から逆算して服のコーディネートもシンプルにおしゃれに着こなす提案
シンプルな法則できちんと暮らすデザインリフォーム・オリジナル家具造作提案

収納スタイルコーディネイター 吉中直美

TEL:090-2018-8805
E-mail:info@naomi-style-sya.com
──────────────────────────────────

 

シンプルライフスクールのコメント

コメントありがとうございます!!↓↓↓

クリスマスの飾り素敵ですね!
私は・・・冬休みになったら、寮生活をして子どもたちがかえってくる!と焦るのですが、
散らかり放題の部屋のどこから手をつけてよいか・・・途方にくれてしまいます。
引越ししてきたてのような部屋にうんざり。仕事の忙しさにかまけて服も書類も本もいっぱいで・・・・。
こんなに片付けられない私・・・セミナーにでるのはハードルが高いかな・・・

 

ハードル高くないですよ。
自分と向き合う良い機会になると思うのです。
是非、お待ちしています。

実は…スクールの見直しをすると言いながら悶々と過ごしておりました。

スクール後のみんなの成長ぶりは、Lineグループの報告で
どんどん伝えたいことの根本に気がついてきて
仲間で励ましあって、家族がそれぞれ成長できる空間作りに進んでいます♪

ホント、どんどん素敵な仲間になってほのぼのしていて
「そうなの。そうなの。」と思いながら読んでいます(#^.^#)
私は何もフォローはしていませんが、同じ気持ちで家族と向き合って
自分と向き合って幸せを感じて片づけているようです。

「あーーーやって良かった。」

ずっと、悶々としていたことも
私の中でスッキリしたこともたくさんありました。
ご本人が体感しないと…
本人が考えて何もやっていないときに言っても伝わらないものです。
それは、子育ても一緒ですね。
「転んだときに痛いよ。」って素直に言ってもらえる私でいる方がいいんだなって感じています。
前倒しに言い過ぎても、伝えすぎても思春期の反抗期のような態度をとられて
言われて凹むだけ(笑)何でも一緒なんだなって今年を振り返って
痛感しております。

家の中は正直で自分自身では麻痺して気が付けないことがあります。
きっと、誰でもいつのまにか見ないでフタをするクセがついてしまって
気が付けなくなるものなんですよね。

今年はホント、不思議な1年だったな~。
すごくお客様の変化の大きい1年でした。
そして、私のまわりや家族も大きい変化がありました。
どんどん良い方向に向かっています。

今まで、身体も心もボロボロにしながら(笑)
仕事をしていましたが、私自身も色んなことに気が付けました。

やっぱり、片づけってすごいです!!

心も生活も親のこと子供のこと
今までの色んなこと自分の弱点と見直す機会をもらえます。

そして気がつくたびに気持ちも物もシンプルになっていくものなんですね。

早急にスクールの開催を決めていきたいと思います。

前回の反省から3つのコースに分けようと考えています。

・たまごコース(服のしくみ中心から落とし込みます)
・ひよこコース(食のしくみ中心から落としこみます)
・こっこコース(住のしくみ中心に落とし込みます)

それぞれに今、向き合っていきたいことから進めた方が効率が良いと感じています。
もう少しお待ち下さい。

 

◆◆収納サービスの詳細はこちら

─────────────────────◆◆◆  ナオミスタイル舎

大阪・神戸で収納からシンプルにきちんと暮らす力を身につける提案
家の空間から逆算して服のコーディネートもシンプルにおしゃれに着こなす提案
シンプルな法則できちんと暮らすデザインリフォーム・オリジナル家具造作提案

収納スタイルコーディネイター 吉中直美

TEL:090-2018-8805
E-mail:info@naomi-style-sya.com
──────────────────────────────────

 

You tube シンプルライフスクール一部分公開!


4/6(日)・5/11(日)・6/1(日)・7/6(日)・8/3(日)・9/7(日)に
開校していたシンプルライフスクールの様子の一部です。

普段、数年かけてお客様のところでサポートしながら
リ・ウィルディング(再構築) していることを
半年足らずで詰め込めるだけ詰め込んだような感じで
きっと大変だったでしょうが、みんなの半年での成長は感動モノでした!!!

そして、この機会に出会えたことは私にとってもすごい収穫でした。
大感謝です。

スクールで伝わること、実際の現場でのサポートでできることの
大きな違いもわかりました。見直していきたいと感じました。
ありがとうございます。
本気で自分自身、子供や家族(親・ご主人様)とも向き合って考えている様子が
ビンビンと伝わってきていました。

大枠のざっくりした考え方は伝えたような気がしています。
どんどん、これからも進化させ続けていって下さい。

色んな方向からサポートできると思いますので
現場で対応してほしいときには、声をかけて下さいね♪

えっと…○○さま

岡山にも行きますよ♪

 

 

 

自分で感じて出来る方法で、それぞれがリ・ウィル・ディング している様子を抜粋しました。

↓↓↓

 

今週は、授業の内容を見返しながら色々やってみました。
皿の並べ方のパターンを再検討して、食器棚とリンクさせる課題をやってみました。

朝ごはん1パターン、晩御飯2パターンにしました。
今まではお皿の形状で分けていた食器棚も、
朝ごはんの引き出しと晩御飯の引き出しに分けました。

そうすると、必然的にランチとデザートて使う食器が集まりました。
これで、一度の食事で使うお皿は、並べる時も直す時も、
一つの引き出しで全てが完結するからすごく楽になりました。

旦那もあちこち開かなくていいからお皿を並べるのが簡単になった、手伝いやすいと喜んでます。

ここをリンクさせるの、めっちゃ重要なんですね!

ハードル高かったけど、やってみて本当に本当によかったです! ありがとうございます。
これをやったことで、吉中さんが言ってた冷蔵庫のエリアを決める話がストンと入ってきました。

うちの場合は、朝ごはんをしっかり食べるようにしているので、
冷蔵庫も細かく朝ごはんエリアと晩御飯エリア、汁物エリアに分けるとよさそうです。

これから家族そろって食事ができるのは朝ごはんだけになるかもしれないので、しっかり用意したい。
でも、盛り付けも入れて準備時間は10分あるかないか。
って悩んでたんですけど、これで今のクオリティで準備10分 が叶いそうです。

苦手だったお風呂掃除とか、今更の衣服整理とか、洗濯の仕方の変更など、
今週は色々やってみて、一気に視界が開けたような感じで興奮してメールしてしまいました。
長文失礼しました。 返事はいりません。

吉中さんが言ってたあまり買いすぎない。
まわせるような量しか買わないっていうのは、どういうことか。

服と同じで、持てるけど把握して管理できる能力 キャパに見合った管理の仕方をするってことだ。

これができれば、洋服のシステムと同じで、一つ入れたら一つ出す、
食べたら出すのシステムで、過剰な食品を管理できないっていう状態を避けられるようになる。うん。

私に管理できるのは、3日分かな。
買い物のペースから考えてもその辺が妥当かな。
とりあえず、3日分で回してみよう。

食器と食器棚のシステムと同じように、朝食用エリアと夕食用のエリアを決めて連動させてみる。

やりたいのは、一汁三菜
つまり、メイン、副菜2

副菜2のうち、温かいものと冷たいものを組み合わせるとバランスがとりやすいので…
朝用温かいもの
夜のうちに調理。パックレンジに保存し、朝は温めのみ。
朝用冷たいもの
カットフルーツに決める。

夜用温かいもの
買い物した日は、そのまま盛り付け
2日め、3日めの分は、洗って切るところまでしてジャムジャーに保管。
左から使う。

3セットあるうちの2セットだけを使って、1セットは余裕を持たせよう。

吉中さんが場所を有限化する、リンクさせると言ってたのは、こういうことだ。
容器は後でなんとでもなるので、とりあえず野田琺瑯は保留して、
今ある瓶で吉中さんがいってたことをやってみる。
それと、一番下のエリアは、漬物と汁物エリア。
上の惣菜のあまりを汁物用にカットしておく。

一番上の棚は、余裕を持つために空けておく。

肉、魚も一日目はそのまま調理して、2日目3日目のものを持ってる野田琺瑯で漬け込みしよう。
ってことは、基本は1日目が魚2日め3日めのが肉かな。
この方が、Aパターンの煮物の量とリンクしていい感じだ。
うん、いいバランス。

お皿の並べ方と食器棚をリンクさせるように、冷蔵庫も使い方、エリアをかなり限定してしまう。
なるほど、ここまで決まってたら楽だわ。
これだと、生野菜コーナーが取れないので、これは野菜室に。

元々野菜室に葉物を保管しているので都合がいい。

細々した容器が増えると洗い物が増えそうなので、吉中さんがやってたような中敷システムでやってみよう。
ちょうど、パックレンジの一番大きいのがあるのでこれでどうかな。
まずは、持ってる物でやってみよう。
足りなかったら、普段は使ってないお弁当箱を使ってみて、うまくいって、必要なら野田琺瑯購入かな。

この方が、付け合わせサラダを盛る時も蓋開けるの1個でいいので楽、
洗い物少ない、旦那でも使い忘れなく彩りよくサラダが盛れるな。
火を使わないので、子供にも頼みやすいお手伝いになるかな。
さすが吉中さん。

煮物などの温かいもののレパートリーが少ないことが、昨日写真を見直して分かった。
旦那に協力してもらって、昨日レパートリー書き出したし、
オレンジページも買ったので、これを順番に回していこう。
横に、冷たいもののレパートリーも書いとくと便利かな。
とりあえず、エクセルで表にして、磁石を移動させる方向でいくか。
テプラ貼るのは、後でにしよう。
ってか、テプラ貼るとパックレンジを温めに使えないもんね。
買い物もこれをみながらすれば、メニューが決まってるから早く済む。
聞いてたけど、やっと自分にも実行出来そう。
忙しくてもやれるように、材料も作業工程も少ないものを中心に検討。
せっかくパックレンジで保管するなら、最悪レンチンで出来るかぼちゃの煮物とかいいかも。
ハードル下がるしね。

切らなくていい乾物、下ゆで済み豆、厚揚げ、焼き豆腐あたりを使おうかな。

吉中さんが言ってたのは、こういうことか。

今回は前の時と同じく、視界が開けた感じがする。

 

 

つづく… 長くなるけど…と思いましたが、やっぱり忘れない間にこちらに書いておきます。

2回目のスクールの後、覚書をしてくれていた内容です↓↓↓

 

 

毎食写真を撮ろう
調理に何分かかってるか、タイマーで測ろう
一週間分の食材を買う
ハードル高い

まず、自分が何をどこで買っているのか、レシートを残しておいて、
吉中さんの宿題にただ書き込もう
考えることはしないのがポイント
まずはいつも通り、計画をたてずに買い物するスタイルをしてみて、自分が何を買っているかを知る。

まずは、自分を知るってことだ。

家計簿をつけると⇒お金の流れが分かる⇒何が無駄かわかる

お手伝いをして欲しいことを考えるとあったが、
実際自分が朝起きてどんな動きをしているのか分からないと、
仕事をふることが出来ないのでやることを拾い出す

◆ 皿を並べる
◆ 食材を出す
◆水筒を洗う
◆お茶を入れる

まで書いて、やってられないことに気が付き、デジカメで動画撮影することにする。
ここでも、作業のハードルはさげると自分にもできることに気がつく。

これは、以前職場で○○長として働いていた時に、手伝うから言ってと言われても、
何を手伝ってもらったらいいのか分からなくて、苦しかった時に、
スタッフ全員の細々した仕事を書きだしてバランスよく振り分けるためにはどうしたらいいのかを、
会議したことがあり、その作業と同じと気がつく。
自分が勝手に振り分けるのではなく、スタッフみんなで協議することがポイント。
納得がないと、人は動かない。
それから、感謝の言葉。
ありがとうを伝えよう。

これにより、スタッフ間での仕事の偏り できる人の仕事が多くて大変ということが是正された。
そして、年間、月間、週間スケジュールにして仕事がまわるように組み立てた作業と同じ
自分が全ての仕事をしなくても、チェックだけすれば仕事のもれがなくなり、
スタッフ一人一人も自分のスケジュールをたてやすくなり、
他の人が何をしているのか見えやすいので、
協力しやすくなって、人間関係がよりよくなった。

洗濯物を直す時に、最初は種類別で分けていたけど、
引き出しを幾つも何回も開け閉めするのは非効率と気が付き、
使用頻度が高いものはできるだけ同じ引き出しに入れてしまったほうがいい事に気がつく。

例えば

◆仕事用 靴下
◆キャミソール
◆パンツは同じ引き出し

かつ、上下の引き出しは、一つ飛ばしにしておくと開けっ放しで
洗濯物の取り入れが出来るので、配置も替えた。食器も同じかもと気が付く。
お皿の並べ方のパターンを決めると、今までは、浅い引き出しなので平皿、
深い引き出しなのでおわんとちゃわんと入れていた。
これだと、朝は頭がぼーっとしているので洗ったお皿を直す時に、何度も引き出しを開けることになる。
吉中さんが、一度に使う食器をまとめておくと言ってたけど、
スペースの関係で無理なこともあり、そこまで必要なのか疑問を感じていた。
自分には効率良く直す、準備することが出来ると思ってた。
ところが、朝は自分にも出来ない
実際何度も引き出しを開けてる自分がいた。
思ってたより、自分出来ないやん。
これは、仕事して疲れてると頭が働かないのでできないわ。と自覚する。
それに、家族に手伝ってもらうなら、より分かりやすくしておいた方がいいのだと気が付く。

2.3ヶ月やると自分の買い物パターンが分かってきた。

それから、家族が手伝ってくれないという不満は、
ある程度は自分の責任。

◆ 一つは、やってあげたいけどどう手伝っていいか分からない状態では
的確な指示が出せていない

◆二つ目は、自発性を育てられていない。
なんでもやってしまうと、できるんだと勘違いされて、放置される。
助けて、手伝ってと言葉に出すことが大事。
特に、男の人は感じ取るのは苦手な気がするので、言葉にすること。

◆三つ目は、言い方が感じ良くないかも。
感謝の言葉を忘れている(家族なんだから当たり前でも、
仕事なんだから当たり前でも、ありがとうと伝えると、自発的に助けてくれるようになる。
あなたのおかげで助かったという気持ちを伝えるだけ。
ありがとうと思ったから言うのではなく、
言葉に出してると、感謝の気持ちを再確認できるから、ありがとう連発するべき。

簡単なことを依頼する⇒感謝して、助かったと伝える⇒役に立って嬉しいと気が付く
⇒何か手伝ってあげようとする⇒いつも助けてもらえるので、うまく甘えられる
子供が、甘える、感謝するの循環を見てると、他人にもうまく甘えられる人間になるかも。

吉中さんはこれを反省して、今改善しているらしい。
みんなハッピーの循環を作ろう。

言葉の力。
大事。
相手は、自分の鏡
不満がある時は、自分が改善できることを探すべし。
他人は変えられない。過去も変えられない。

<カメラで撮影してみて、気がついたこと>

考えながら作業するのは、私にはかなりハードルが高い。
最初にお皿を出してるつもりだけど、品数もメニューも決まってないので、
途中でお皿追加したり直したり。
それから、作業する場所が曖昧なのであっちで盛り付けしたり
こっちで盛り付けしたりしてクルクルまわって効率が悪い
朝やるべきことの順番が決まってないので、ご飯作ってる途中で水筒を取りに行ったり、
ゴミを出したり、靴を準備したり、お花の水を替えてみたり注意散漫で、効率が悪い。

<対策として>

順番決めた方がいいね。
あと、朝起きたまま準備しない方が女としていい。
メイクまではいいけど、髪をとかして、着替えてコンタクトはした方が良さそう。
仕事してたら、着替えは後かもしれないけど。

メニューが決まってないので、冷蔵庫も何度も開けて、調味料入れ、
鍋の引き出しを何度も開けていて効率が悪い。
朝の簡単プレートパターンも決めた方がいいね。
ご飯を炊くなら、汁物があるはずなので、同じカップで水の量を測った方がいい。
途中でお湯を捨てることが何度かあるし、味も安定すると思う。

<朝の動き 拾い出し>

◆お皿を並べる
◆飲み物を入れる
◆食材を出す
◆鍋を出す
◆水筒にお茶を入れる
◆旦那の靴をだす 磨く
◆ワークスペースを片づける
◆ミルク用のお湯を沸かす
◆水切りカゴを出す
◆汁物の水を鍋に入れ、火にかける

和食の場合

◆煮物をレンチンする
◆おひたしとか、冷奴とか納豆などのそのまま出せるものを盛り付ける
◆汁物の味付け、ネギをのせる
◆汁物盛り付ける
◆ご飯をよそう
◆残ったご飯をおにぎりにする

洋食の場合

◆スープ用のお湯を沸かす
◆サラダを盛り付ける
◆フルーツ(ヨーグルト)を盛り付ける
◆パンを焼く
◆スープを溶かす
◆ベーコンエッグか、ゆで卵か
◆目玉焼きとウインナーを作り始める
◆ドレッシングと、パンに塗るピーナッツクリームとナイフと蜂蜜をだす
◆パンを盛り付ける
◆ベーコンエッグを盛り付ける

ポトフの時は

◆材料を入れ5分加圧する
◆盛り付けてパセリを散らす
◆粒マスタードを添える

◆洗い物をする
◆食器を拭いてなおす
◆洗濯物をまわす
◆洗濯物を干す
◆ミルクを作り、飲ませる
◆授乳しながら一回目のお昼寝をさせる
◆ネットスーパーで買い物をする
◆実店舗で買い物をする
◆洗濯物を取り込む
◆メイクする
◆掃除機をかける
◆布団乾燥機をかける
◆シーツを洗う

 

つづく…

 

◆◆収納サービスの詳細はこちら

─────────────────────◆◆◆ ナオミスタイル舎

大阪・神戸で収納からシンプルにきちんと暮らす力を身につける提案
家の空間から逆算して服のコーディネートもシンプルにおしゃれに着こなす提案
シンプルな法則できちんと暮らすデザインリフォーム・オリジナル家具造作提案

収納スタイルコーディネイター 吉中直美

TEL:090-2018-8805
E-mail:info@naomi-style-sya.com
──────────────────────────────────

2014-09-10 | Posted in YouTube, ブログ, 収納セミナーblog

 

ナオミシンプルライフスクール4回目 7/8(日) 見直し

シンプルライフスクールでは感覚を伝えているので
私のブログやYou tubeで伝えていることが入るタイミングが早いので嬉しい半面、

やはり簡単には難しいか(笑)…と感じてしまうことが出てきましたね~。

もっと単純にしていいんだけど
どうしても難しく考えてしまうんだよね。
わかるんだよな~。

片づけが出来なくなる原因とリンクするでしょ。
でも、そこのうにうにの感じも大事やねん。
宿題をしたからこそつながってくると思うよ。

わかってくると思うよ。徐々に、もっと入ってくると思うよ。

そこから結局、自分が続けて出来る方法、ご主人様も子供もちゃんと直してくれて
片づいて手伝いやすい感じをもっとイメージすると
そんなに色々やってられないって(笑)

参考になったらいいな。↓↓↓

ジャムジャー キャップ L 冷蔵庫のしくみ1

2014-07-06 20.50.16

冷蔵庫の中も、逆算して考えるの。
買い物の時間、料理作りの時間…

そうしたら…ね。
シンプルにした方が子供の相手をする時間も生まれるし
結構充実した時間が作れるようになってくるよ。

みんな、すっごい考えすぎているから。

感覚や考え方は伝えているからまずはやってみて
わからなかったらメールしてきて。

宿題テーマはおかゆからおにぎりに変更します。
どっちでもOKだけどしくみ作りの感覚は全く一緒だから。

必ず冷蔵庫のしくみとリンクさせること!
(買い物の時間、場所から逆算させることも意識して出来る方法だよ。)

————————————————————————————-

そして、娘と相談して考えてみたら
「結果的にウチらが出来る方法を考えるといつも、おにぎりになったよね。」って言われました(#^.^#)

おにぎりが簡単にできるしくみ作りにしましょう。
それも子供と一緒にできることもイメージしながら…。
いずれ、自分で弁当を作ってくれることもイメージしながら(笑)
そんな感じで伝わる?

どうしてかというと…

将来仕事をしながらでも家事をする時間の使い方や段取りの練習を
子供にしてもらう感覚です。

◆◆収納サービスの詳細はこちら

─────────────────────◆◆◆  ナオミスタイル舎

大阪・神戸で収納からシンプルにきちんと暮らす力を身につける提案
家の空間から逆算して服のコーディネートもシンプルにおしゃれに着こなす提案
シンプルな法則できちんと暮らすデザインリフォーム・オリジナル家具造作提案

収納スタイルコーディネイター 吉中直美

TEL:090-2018-8805
E-mail:info@naomi-style-sya.com
──────────────────────────────────

2014-07-08 | Posted in ブログ, 収納セミナーblog

 

朝のしくみを子供と振り返ってみました(#^.^#)

参考になるかな…。

なんかさ~。
仕事で朝はバタバタ
子供がぐずってイライラ
保育所に預けるときには後ろ髪惹かれて自己嫌悪

自分の時間は全くとれず
悪循環な感じ

そんな感じだったな~。

どこかちょっと息抜きしたいけど、そんなことも出来ないし
時間もお金もない感じ(笑)

そんなときにちょっと思いついたことがありました。
朝に一緒におにぎりを作ろうって。

2014-07-08 07.36.11

これって後になると子供の自信にもつながったかも。
小学校のときの家庭科でおにぎりを作るときに

「三角おにぎり出来ない子がいっぱいいて、みんなずらーーーっと私の前にならんだの。
今日はいっぱいおにぎりを作ったよ。簡単なのに難しいんだって。」

私が仕事から帰ってすぐ玄関まで走ってきて鼻息荒く嬉しそうに話していたときがありました。
学校での出来事はありがたいことで
仕事から帰るとしばらく、晩御飯におにぎりを作っておいてくれました(#^.^#)
しばらく…だけど(笑)

色んなことをしなくても朝、一緒に作る時間をつくるために
どうしたらいいか考えたよ。
同じ具材でもいいの。
ずーーーーーっと、やってみるの。
毎日やることの方がハードルが高い(笑)

そして、単純作業の方が子供も覚えやすいかも。

どんなときに子供がぐずって時間がかかるのか読みやすくなってくるかもよ(*^_^*)
朝に時間を作れるように早く寝かすようになったかな。
おにぎりを一緒につくるために…。

どんなお皿に並べるといいのか考えるキッカケになったかも。
家で2人でくつろぐためにどうしたらいいのか。
家をお店に行ってる気分にしたら愉しいかも~
別にどこに連れていかなくても家で出来ることたくさんあるやん
って夢が膨らんだのよ♪

あれこれしなくていいの。
最初はシンプルにご飯だけの塩おにぎりでも充分じゃない?
最初から思いっきりハードルをあげなくても。
家にあるもので充分、色んな具材になったりするのは
慣れてきてからでも充分。
習慣にしていくことの方がハードルが高いから

そして中学に入ったり高校のときのお弁当作りも
子供が自分で作るのが当たり前にすることを考えるキッカケになりました。

あれこれ便利グッズは要らないと思うよ。
家にあるものでできる工夫をしたら充分かな。
それを見せている方が後々、自分であれこれ工夫をしだすかも。
私が考えていた以上のことをしてくるので
それが面倒くさくて偉い目にあうこともあるけど(爆)

やはり一番印象深いのは、小学校入る前の思い出の1つは
仕事から帰って食器が全部ピンクにえのぐで塗られていたことかな…。
彼女は可愛くして私を喜ばせようとしてくれたけど
私は仕事でフラフラなのにやることが増えて
結果的に泣きながら、徹夜して片づけました(笑)

でも、今は助けてくれることが増えたのかな。
子供に愚痴ったことはなかったけど
最近、愚痴ってみたら思いのほか心に染みることを言ってくれたりするのよ。
びっくりしたよ。私より大人(?)って尊敬したよ♪

朝に一緒に作っている時間ってホント、充実していたし
愉しかったよ。
簡単に愉しめるように家のしくみを作っていこうとすると
もれなくシンプルになってくるんだって思うよ。

 

◆◆収納サービスの詳細はこちら

─────────────────────◆◆◆  ナオミスタイル舎

大阪・神戸で収納からシンプルにきちんと暮らす力を身につける提案
家の空間から逆算して服のコーディネートもシンプルにおしゃれに着こなす提案
シンプルな法則できちんと暮らすデザインリフォーム・オリジナル家具造作提案

収納スタイルコーディネイター 吉中直美

TEL:090-2018-8805
E-mail:info@naomi-style-sya.com
──────────────────────────────────

 

ナオミシンプルライフスクール3回目 6/1(日) 管理2

1)ナオミシンプルライフスクール1回目 4/6(日) 空間把握
2)ナオミシンプルライフスクール2回目 5/11(日) 管理1

 

家でやってきた宿題のファイルの見せあいっこの様子(*^_^*)↓↓↓

2014-06-01 10.17.58

 

同じことを伝えても感じてやってくることが違ってきます。
どの人も、それぞれのスタンスで出来ること、感じることが違っていて♪

それぞれに感じたこと、これからやっていきたいこと話してもらいました。

私が何年もかけて気がついたこと、それぞれが数カ月で気がついて
どうしていけばいいのか考えていて、それぞれにちょっぴりジェラシーを感じました(笑)
ホント、ずるい(爆)

・○○さん、子供に対しての接し方で気がついたことや話しかけ方が見えたときの感覚を
話してくれたときはちょっと泣きそうになっちゃいました(#^.^#)
そうなの。そんな感覚、それがわかってくるでしょ。
先にそれが大事。今は基本に集中です。感覚さえわかってくれば応用して考えることができるように
なってくるから、あせらなくて大丈夫って思ったよ。
一気に色んなこと、思っていた以上にたくさんのことを感じて気がついて実行している様子に
大感動しました。
そして、それぞれに対して多くても3パターンでいいのよ。
(あえてややこしい感覚でブログでは書くね。)

今、思っている以上に絞って考えたらいいことに気がついてくるよ。
たぶん…生活スタイル、家族構成から考えても今、感覚で感じているより絞って考えた方が
早いのよ。そこから時間的余裕、気持ち的余裕ができてからキャパを増やしたら
いいだけやから。慌てないで。
ほんでもって、どこでもそんなもんよ。充分以上にがんばっている自分を知ったら良いと思うよ。
たぶん…私だけでなくてみんな、前回からの成長ぶりにあせったと思うよ~♪

・仕事に復帰して思ったより時間がないことを体感していた○○ちゃん
キャパオーバーなクセが身についてしまっているので、形とか感覚よりも
今の状況を受け入れて出来る方法を作っていくこと。
自分の状況を客観的に感じられる空間作りに意識してほしいな。
もうっ、どんだけ似ているねん(笑)たぶん…、知らんけど身体が強いデメリットですな(爆)
あせらなくて大丈夫。全体的に大枠で感覚でやっていこう。

・○っちゃん、今の間にしくみを作っておかないとしんどいだろうと、仕事の管理の立場に立って
どのように仕事の割り振りを見直したらいいのか考えたときと同じやり方なんだと
気がついたことを話してくれたときも鳥肌が立ちました。
そうなの。そうなの。
そうやって、家のしくみを作っておくと、なんだ仕事も家も一緒なんだって
わかってくるんだよね。
私もそうやって考えたなぁ~って遠い昔を思い出したわ。ありがとう。
もうっ、どんだけエリートやねん。嫉妬するわ(#^.^#)

・マニアック気質の○○○さん(*^_^*)
ココはがんばって殻をやぶろう♪ 生活全体、家族のことやりたいこと逆算していくと
そんなにいっぱいやってられないから。充分すぎるほど色んな面で知識があるから
邪魔してしまうけど、出来ることを絞って行く作業、感覚に集中した方が良いと思うの。
キャパから逆算してみると見えてくることがわかってくると思うよ。
意識して集中だぁ~。

などなど

みんな素敵(#^.^#)それぞれに刺激しあって感じて、自分に落としこんでいくと
なんだ、リンクされているんだぁってママ友との付き合い方や、仕事、家事、色んな方向でわかってくると思うの。

一生懸命、それぞれが家族のこと考えていて伝わってくるよ。
ありがとう。

片づけが目的ではなくて、自分が成長出来て家族にも向き合える状況を作るしくみ作りの考え方を伝授…。
今度、今回渡したウチのシートプリント、参考までにどうやって冷蔵庫のしくみとリンクさせているか
説明するね。

 

おっと、入れてくれた抹茶おいしかったよ。ありがとう~(*^_^*)

2014-06-01 10.18.04

 

◆◆収納サービスの詳細はこちら

─────────────────────◆◆◆  ナオミスタイル舎

大阪・神戸で収納からシンプルにきちんと暮らす力を身につける提案
家の空間から逆算して服のコーディネートもシンプルにおしゃれに着こなす提案
シンプルな法則できちんと暮らすデザインリフォーム・オリジナル家具造作提案

収納スタイルコーディネイター 吉中直美

TEL:090-2018-8805
E-mail:info@naomi-style-sya.com
──────────────────────────────────

2014-06-02 | Posted in ブログ, 収納セミナーblog

 

ナオミシンプルライフスクール2回目 5/11(日) 管理

ナオミシンプルライフスクール1回目 4/6(日) 空間把握

はじめに前回の宿題発表をしてもらいました。

それぞれの個性がはっきりしてきました。
とても興味深い結果で、お互い刺激になったんじゃないかな (*^_^*)

なんのために片づけるのか…

・自分の時間を作ることができていない
・時間が少ない
・探し物の時間をなくしたい
・無駄な時間が多い
・楽に生活がしたい
・イライラする

1回目のときに出てきた言葉たちです。

正直、そんな感覚では片付かないよ。
そんな表面上で捉えるんじゃなくて、もっと強く考えて欲しいことがあるとお話しました。

そのためにまず、キッチンを片づける目的は、家族それぞれが自立できるように
どのように考えて作っていけばいいのか考え方を説明しました。

まず、今回のことを踏まえて課題を1つずつ本気でこなしてみて下さい(*^_^*)

<2回目のテーマは管理能力>

・年間スケジュール

1月 おせち・七草粥

2月 恵方巻き

3月 ひな祭り

4月 祝い(入学などに対応できる)

5月 こどもの日

6月 梅?

7月 七夕・土用の丑の日

8月 お盆

9月 15夜

10月 ハロウィン

11月  ※ウチはキッチンの神様にお参りに行っておふだを返しに行って
お食事をする。そしてつばき油を購入する

12月 クリスマス・年越しそば・おせち作り

忙しくてもできる方法を作っていくために

・場所(スペース)からの逆算の考え方
・冷蔵庫内の野菜などの買い方がわかるためにどうしたら良いのか
・毎日の料理のバリエーションを増やすために、先に考えなきゃいけないこと

どうやって考えたらいいのかヒントを伝えました。
これは、ブログには書かないよ(笑)
もれなくシンプルにしなくては子供に伝えたいことができないことを知ってくるよ。
宿題がんばって(*^_^*)

・家族に手伝ってもらいたいこと(今の段階で)

どうやって考えて落とし込むのか説明しました。
毎日の生活まで落とし込めるように説明しました。
個人によって宿題の課題は変わってくる様子もそれぞれで体感できて、刺激になったらいいな。

お互いでフォローしあっている様子も良い感じになってきて、3回目も愉しみです♪

 

さっそく、ご主人様と一緒に実際取り組んでみて

・わくわくする
・見えてくるものがある

など返事をくれた方もいるよ~♪

やってみるとわかってくるよ(*^_^*)ファイトです!!

次回はもう一度、復習しながら落とし込みをしていきましょう。
やり方がわかってきて身についてくると愉しくなるよ♪
大丈夫できるよ。
普段の行動パターンとリンクしていることもわかってきて自分の頭の整理の練習にもなってくるよ。

-----------------------------------------

スクールが終わって、かお凛ちゃんとランチをしました♪
(スクール最終日はみんなでランチ出来そうな空間だったよ~)

愉しい時間をありがとう (*^_^*)

◆◆収納サービスの詳細はこちら

─────────────────────◆◆◆  ナオミスタイル舎

大阪・神戸で収納からシンプルにきちんと暮らす力を身につける提案
家の空間から逆算して服のコーディネートもシンプルにおしゃれに着こなす提案
シンプルな法則できちんと暮らすデザインリフォーム・オリジナル家具造作提案

収納スタイルコーディネイター 吉中直美

TEL:090-2018-8805
E-mail:info@naomi-style-sya.com
──────────────────────────────────

2014-05-13 | Posted in ブログ, 収納セミナーblog

 

ナオミシンプルライフスクール1回目 4/6(日) 空間把握

家族のこと自分のこと本気で考え始めるともれなく
家の物はシンプルにしていかなくては
生活が上手くまわっていかなくなる時代になっているんだなと常々感じております。

「捨てる・捨てない」
そんなことからはじめても難しい…
片づけの目的がずれてしまっていることが多いです。
物質的なことは後回し。

なんのために片づけるのか何度も考えて下さい。

今回は空間把握の練習に集中しました(*^_^*)
これも家で宿題として何度も何度も練習して欲しいです。

まずはキッチンに集中です!

・システムキッチンの構造のパターン サイズ展開のパターン
・各家のキッチンの場所決め(宿題)
・立面図の説明・書き方(←他の部屋にも応用できるはずです)
・自分の家で落とし込む
・エリア(箱)のMAXの物の感覚、置き方

などなど…今回のことを家で復習・予習して下さい。

まんまるみかんのキッチンの幅は標準サイズ(今、システムキッチンが一番売れているサイズ展開です)
自分の家はどのサイズでどんなタイプなのか把握して出来る方法を作っていきましょう ♪
頭の使い方の練習です!

実際やってみてわからなくなったときの質問はメールで下さい。
フォローします。

----------------------------------------------

 

そして、今回お会い出来なかった○○ちゃん…
会いたかったです…。

「御冥福をお祈りいたします」

私も○○ちゃんに負けないよう、一生懸命生きようと思います。

 

◆◆収納サービスの詳細はこちら

─────────────────────◆◆◆  ナオミスタイル舎

大阪・神戸で収納からシンプルにきちんと暮らす力を身につける提案
家の空間から逆算して服のコーディネートもシンプルにおしゃれに着こなす提案
シンプルな法則できちんと暮らすデザインリフォーム・オリジナル家具造作提案

収納スタイルコーディネイター 吉中直美

TEL:090-2018-8805
E-mail:info@naomi-style-sya.com
──────────────────────────────────

2014-04-08 | Posted in ブログ, 収納セミナーblog

 

ナオミシンプルライフスクールの開校説明会を終えて

2014-03-02 06.37.34

用意が終わった~でもこれからですね。

自分がどれだけがんばれるのか愉しみです♪

飛行機の予約が取れなくてっておっしゃってくれた方々…。
今回は無理しないで下さい。
もっと精進して出来る方法を模索できるようになります(*^_^*)

 

さて申し込んで下さった方にもれなくプレゼントします♪
↓↓↓

F.O.B COOP 

うちの家のマニュアル作りのファイルと一緒です♪
自分んちパターンを考えなおしながら見直しをしていきましょう(*^_^*)

 

◆◆収納サービスの詳細はこちら

─────────────────────◆◆◆  ナオミスタイル舎

大阪・神戸で収納からシンプルにきちんと暮らす力を身につける提案
家の空間から逆算して服のコーディネートもシンプルにおしゃれに着こなす提案
シンプルな法則できちんと暮らすデザインリフォーム・オリジナル家具造作提案

収納スタイルコーディネイター 吉中直美

TEL:090-2018-8805
E-mail:info@naomi-style-sya.com
──────────────────────────────────

2014-03-02 | Posted in ブログ, 収納セミナーblog

 

質問に答えます!(シンプルライフスクールのことで)

本当に吉中さんのライフスタイルが好きすぎて…(*^^*)
機会があったら、検討していただけると嬉しいです。
その日が来ることを心待ちにしています♪

≫ありがとうございます(*^_^*)
私は不器用で人一倍鈍くさいので1つのことが出来るようになるのに
めちゃくちゃ時間を要してしまうので気長にお待ち下さい。
よろしくお願いします。

もし私が参加したときに吉中さんに質問できるとしたら、
「(家具等大きなもので)買ってよかったものと活かしきれなかったもの」

≫実は、自分で本当に好きで大きな家具を買ったものはまだ1つもないんです(笑)
結婚した当初は若いので、選ぶ家具屋さえも決められたところで買うような状態で
私は別に段ボールをテーブル代わりにしていて良くて
本当に好きなものを見つけてから購入したかったけど…。
好きなものを買えない状態だったの。だから基本的にあるもので愉しんでいる感じです。
いつか自分で好きな家具を買ってみたいです♪
好きなように色々できるようになれたらもっと愉しいだろうな~。

「そのセンスはどこで身につけたものなのか
(お母様の教育なのか、本から得た知識なのか、それとも…)」

の2点が聞きたいなと思っていましたよ~。

≫センス?センス…あるのかな…。自分の出来る範囲で好きなことをしているって感じです。
ウチの母は私とは全く違う感じで無言で子供の頃にあまり話した記憶はないの。
たぶん私のこと嫌いだったんじゃない?あまりにも思ったような子じゃなくて(爆)
何も言わないし、干渉もしないし私がどんなに部屋を汚くしても怒られたこともなかったです。
随分経ってから気がつきましたけどそれがウチの母の愛情の示し方だったんじゃないかな。
母の生き方を客観的に感じられるようになってそう思えるようになりました。
早くに家を出て子育てをするようになっても私は自分だったら子供に対して
してあげたいと思っていたことをしようと思っていましたが、途中からそれも違うような気がしてきて
親は親、子供は子供、私は私なんだな。それぞれでいいんだって思うようになりましたよ。
結局、どう捉えるかは同じ親でも姉弟で捉え方は全然違いますもの。
私は本を読んで出来るような賢い人ではなくて泥臭い現場体質です(笑)
私は頭打ってばかりの鈍くさいやつです(*^_^*)

09