ブログ, 収納サービスblog, 収納セミナーblog, 私の思考回路・こだわり・まとめ

心理学者・マズローの五段階欲求の視点から見た片づけ

無題

 

日本人の多くが3.親和的欲求(愛情・つながり・共感)が足りないと感じ
4.承認欲求を満たそうとがんばっていると教えてもらったことがあります。

それを聞いた時、「なるほどっ!」と私の中でピンときたのですが
その視点で片づけを考えると
家の片づけの心理の構造どうしてシンプルになるのか(収納なんでも相談)
リンクされているのです。

伝わりにくいかもしれませんが参考までに読んでみて下さい。(←長いです。)

私の感覚ですが、ピラミッドの図はつみきのようなもので
生まれてすぐ簡単に手にはいるようになってしまった日本では
1.安全欲求と2.生理的欲求のありがたさがおざなりに
なってぐらぐらした感じの積み重ね方をしてしまっているのでしょうね。

私が子育てしながら片づけをしてきたことの目的は
子供と自立(精神的・生活的・経済的)した関係性を
20歳までにすることを目標にして
家のしくみ作り(衣・食・住)にフォーカスしてずっと
片づけを
取り組んでいたのでマズローの五段階欲求を聞いた時
ストンと腑に落ちました。
(昔、20歳のときにも研修で聞いたことがあったのにすっかり忘れていました。)

片づけは手段にすぎないのです。
家族それぞれが自立した関係を築くための収納にこだわってきて
あの手この手やってきた結果

もれなく、幸せ感度も高まります(#^.^#)
家族も良い感じになります。

私自身も子供も成長とともに物質的欲求が変化していきました。
物に執着して手放せない原因も見えました。
そして脱出するための戦略も仕事でも家でも数多くこなしてきました。
空間から攻めていっても、気が付けない人と気付く人の
違いはココにあったのかぁと見えました。

そして、親子関係+時代背景、恐るべし(*_*)とつくづく感じました。

団塊世代のツケはでっかいなぁ…。

しょうがないか。そんなものか。

もれなく、片づけに協力的に変化しやすいご主人さんの
親子関係のパターンも聞かなくても部屋を見たらわかるようになってしまいました。

なぁんだぁ~。そっち問題か。
自己責任だな、これは。自分で気がつかないと進化させにくい…。

「良妻賢母」という言葉の撲滅キャンペーンをしたくなるこのごろです(笑)

いっそのこと辞書から消しちゃえばいいのに…。

結果的に順繰りで子供世代にツケがまわるのか…。
上手いことなっているなぁ。

あーーー私自身、今までお客様に過保護にやりすぎていたことに反省です。
手取り足取り族の習慣を脱出させないと意味がないのに…。
いや、やりつくしたからわかったんだ。

あんっ、元旦那も親も子供も今、どんどん気がついて良い感じになっているのに。

う~ん。やはり心の状態が部屋にあらわれているのはそのせいか…。
後回しにすればするほどツケがでかくなって麻痺してしまうのも
うなずけます(--〆)

変に高学歴の50代のニート問題もうなずけます(--〆)

ツケでっかいなぁ…。

あっ、あと夫源病(婦源病)問題も片づけから落とし込んでおいたらいいのに…
まっ、気がつかない人は放っておきましょう(笑)

意味がわかったので対策を練ります!!

 

セミナーの依頼も何度となく依頼を頂いているのですが
申し訳ございません。まだお待ち下さい。

20年(仕事では8年)の戦略の数々を只今、シークレットで実験中です。

↓↓↓ 意識して向き合っていけば絶対、脱出できるよ♪
あせらず、どんと構えてコツコツとです。

◆ 関連記事 ◆

片づけられるように進化してシンプルライフを手に入れてきた人の価値観のまとめ

◆◆収納サービスの詳細はこちら

─────────────────────◆◆◆  ナオミスタイル舎

大阪・神戸で収納からシンプルにきちんと暮らす力を身につける提案
家の空間から逆算して服のコーディネートもシンプルにおしゃれに着こなす提案
シンプルな法則できちんと暮らすデザインリフォーム・オリジナル家具造作提案

収納スタイルコーディネイター 吉中直美

TEL:090-2018-8805
E-mail:info@naomi-style-sya.com
──────────────────────────────────


Comment





Comment