ブログ, 収納サービスblog, 私の思考回路・こだわり・まとめ

どうしてシンプルになるのか(収納なんでも相談)

無題

家の物の量は家族の人数が増えるたびに増え、子供の成長(自立)とともに減っていきます。

1人の総量を考えるとどのくらいの量で自分が生活出来るのか
把握していると老後も片づけに困らず生活できるのです。

今、よく「親の家の片づけ問題」も伺いますよね。
家の片づけの心理の構造 にも書きましたが
子供が巣立っても、1~3の感覚のままで生活を続けていた家族に起こっています。
例えば、3. 自立力が奥さまだけだったと致しましょう。
長い年月の積み重ねの不満が老後、勃発しているケースも高いように感じています。

1 ~3のご両親のもとで育った場合の問題点として
現代では共稼ぎのご夫婦も増えています。
家事がうまくまわらなくてパンクしてしまう状況になるケースも多いようです。

◆ 外側からの視点として

1. 自分中心 ⇒ 自分の価値観でしか物事が見えないときは
片づけなんて後回しって感じです。捨てることに拒否反応もあります。
※ 収納グッズやテクニックでなんとかなると考えています。
※人のせいにする言動も多いです。

2. 自立準備 ⇒ 片づけは嫌いだけど、やらないと気持ち悪いのでしかたなく
片づけては復活します。何度もそれの繰り返しを続ける感じです。
※ 収納グッズやテクニックでなんとかなると考えています。

3. 自立力 ⇒ 片づけに困らないで維持できる状態になってきます。

4. 改善 ⇒ 人はそれぞれの価値観でからみあっているので
共有部分は、協力できるような空間にした方が良いことに気がつきます。

5. 見直し ⇒ 自分と向き合って、自分の置かれている環境や状況を
素直に受け入れる気持ちになっています。
物や執着心を捨てられないなんて発想がなくなってきます。
自分のやっていることを受け入れることが上手になってきます。

6. 物質からの解放 ⇒ シンプルライフが手に入ってきます。
自分自身の内側の視点が進化(時期もパターンが身についてきて)
させたいときにどのように進化させたいのか見えてきます。
人に対してイライラすることもなくなってきて
イラっとしても冷静にどうして自分がそのように感じたのかすぐ気持ちの中で
解決できてきます。

7. ゆとりの気持ち ⇒ どんなことがあっても、「そっか」って感覚です(#^.^#)

関連記事
シンプルになってくるわけ
子供と向き合いたい=シンプルに生活したい 1

 

※将来の子供のためにも、将来のご夫婦のためにも
今の間にしくみを作ってやって行こうとしている
ご家族は上記の1~3の方は少なく、4以上の方の
家族で協力して家事をできるようなしくみ作りを再構築しています。

そして、リフォームを承るのも、家の片づけの心理の構造の4以上の感覚を
お持ちでない方はお請けしていません。

1~3を脱出させていくのには、長年の育った環境や価値観がありますから
ご本人様たちが、絶対脱出したいという意識をお持ちでない方は
現在、お請けしておりません。

↓↓↓

◆◆収納サービスの詳細はこちら

─────────────────────◆◆◆  ナオミスタイル舎

大阪・神戸で収納からシンプルにきちんと暮らす力を身につける提案
家の空間から逆算して服のコーディネートもシンプルにおしゃれに着こなす提案
シンプルな法則できちんと暮らすデザインリフォーム・オリジナル家具造作提案

収納スタイルコーディネイター 吉中直美

TEL:090-2018-8805
E-mail:info@naomi-style-sya.com
──────────────────────────────────


Comment





Comment